運送業許可、各種許認可、会社設立の申請なら山田行政書士事務所

HOME > 就労ビザ > 15025)外国人雇用について

<外国人雇用までの流れ>


1、雇用したい外国人が既に日本国内で生活している場合


⇒その外国人の在留資格が就労可能な在留資格なのか確認する。
(在留資格は外国人登録証明書、パスポートなどに記載されています)

 就労可能な在留資格(就労ビザ)があれば、雇用を検討。

 逆に予定職務内容が、許可された範囲外であるときは「在留資格変更許可」もしくは「資格外活動許可」が必要。


<参考:就労可能な在留資格>

教授・人文知識国際業務・技能・報道・興行・企業内転勤・技術・研究・教育・医療・芸術・法律会計業務・投資経営・宗教・特定活動

仮に予定職務内容が、許可された範囲外であるときは「在留資格変更許可」もしくは「資格外活動許可」が必要となります。

また、永住者(特別永住者)・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者については就労内容に制限がありません。


<原則として就労不可能な在留資格>

留学・就学・文化活動・研修・家族滞在・短期滞在

ただし一切就労できないわけではなく、資格外活動許可を受けてアルバイト等が出来る場合がある。

また、留学生を卒業後に雇用する場合は、在留資格変更許可が必要です。

 

2、雇用したい外国人が国外にいる場合

①勤務予定地を管轄する地方入国管理局にて「在留資格認定証明書交付申請」を行う。

⇒外国人本人は日本にいないため、雇用主側企業の職員又は行政書士が出頭して手続を行います。

       ↓

②数週間~3ヶ月位で「在留資格認定証明書」が送付される。在留資格認定証明書が交付されたら雇用予定の外国人のもとへ送付する。

       ↓

③雇用予定外国人が「在留資格認定証明書」と「必要書類」を日本大使館もしくは総領事館へ持参してビザの申請を行う。

       ↓
 
④ビザが発給されたら在留資格認定証明書記載の日付から3ヶ月以内に来日する。

       ↓ 

⑤その後は、必要に応じて「在留期間更新許可申請」を行ないます。

各種許認可についての無料相談・お問い合わせはこちらから

mmuryo.PNG

ootoi.PNG

  • 無料相談 受付中 営業時間:9:00~17:30
休日相談要相談

●受付時間 9:00-19:00
●電話番号 03―3889―1067
●所在地:足立区本木南町3―15

Contents Menu

事務所所在地

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図

東京都足立区本木南町3-15