運送業許可、各種許認可、会社設立の申請なら山田行政書士事務所

HOME > 就労ビザ > 15005)就労ビザの重要性

日本において、いわゆる「就労ビザ」といわれているものは16種類あります。

 外国人が日本で働くためには、原則として、その16種類のうち「仕事に対応した就労ビザ」を有している必要があります。

 仮に「仕事に対応した就労ビザ」を有していない外国人が働いた場合は、

 ①当の外国人は不法就労していたことになり、退去強制させられる怖れがあります。

一方、

 ②外国人を雇用していた企業は刑罰を科される恐れがあると共に場合によっては社会的信用を失い、コンプライアンス(法令遵守)の重要性が叫ばれている現在においては、最悪の場合、会社の存立にも影響を与える恐れがあります。

 このように働く外国人が「仕事に対応した就労ビザ」を有していることは当の外国人にとっても雇用する企業にとっても重要なことなのです。

したがって、面倒だからといってつい魔がさし、就労ビザ取得を怠ることのないようにして下さい。

  • 無料相談 受付中 営業時間:9:00~17:30
休日相談要相談

●受付時間 9:00-19:00
●電話番号 03―3889―1067
●所在地:足立区本木南町3―15

Contents Menu

事務所所在地

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図

東京都足立区本木南町3-15