運送業許可、各種許認可、会社設立の申請なら山田行政書士事務所

HOME > 運行管理者 基礎講習 ・ 一般講習 ・ 特別講習に関して

運行管理者の講習会等に関して


運輸支局長等が行う研修及び研修通知制度の廃止 

今般の輸送安全規則の改正に伴い、従来、運輸支局長等が行っていた
研修及び研修通知制度が廃止されております。

(1)(2)に関してご注意ください 

(1)基礎講習及び一般講習
運輸監理部長又は運輸支局長による研修及び研修通知は廃止されました。このため、各事業者は、運行管理者に講習を受講させる日時等を自ら把握し、定められた期間ごとに国土交通大臣が認定する講習を受講する必要があります。(講習の実施機関は、国土交通省ホームページ等で公表、日程は実施機関に確認)

 
(2)特別講習
 特別講習(死者又は重傷者を生じた事故を惹起した営業所・行政処分を受けた営業所の運行管理者の講習)の受講対象運行管理者については、従来どおり、運輸監理部長又は運輸支局長から通知が届きます。
※特別講習受講者の所属する営業所のすべての運行管理者は、通常は2年毎に1度受講させることになっている基礎講習または一般講習についても、2年度連続で受講させなければなりません。

 

種類

対象者

講習時間

内容

基礎講習

運行管理者及び補助者になろうとする者

16時間

運行管理を行うために必要な法令及び業務等に関する必要な基礎知識の習得を目的とする講習

一般講習

運行管理者

5時間

運行管理を行うために必要な法令及び業務等に関する知識の習得を目的とする講習

特別講習

事故を惹起した運行管理者

13時間

事故の再発防止を図るための知識の習得を目的とする講習

 



△ 運送業TOP △