運送業許可、各種許認可、会社設立の申請なら山田行政書士事務所

HOME > 失踪宣告

失踪宣告とは

< 失踪宣告の概要 >
 不在者(従来の住所又は居所を去り,容易に戻る見込みのない者)につき,その生死が7年間明らかでないとき(普通失踪),又は戦争,船舶の沈没,震災などの死亡の原因となる危難に遭遇しその危難が去った後その生死が1年間明らかでないとき(危難失踪)は,家庭裁判所は,申立てにより,失踪宣告をすることができます。
 失踪宣告とは,生死不明の者に対して,法律上死亡したものとみなす効果を生じさせる制度です。

< 失踪の種類 >
・普通失踪 ・・・行方不明状態 ・ 音信不通状態で7年間生死が明らかでない時
・特別失踪 ・・・事件や事故・戦争・船舶の沈没・震災などの死亡の原因となる危難に遭遇し、その危難が去った後、その生死が1年間、明らかに危機に巻き込まれて生死がわからなくなっている失踪のことを言います。(山や海で遭難した場合で死体が発見できないような場合)音信不通後1年以上生死不明の状態が続くと、死亡したものとみなされます       
 

失踪宣告の要件と申立て手続

◇家庭裁判所に申立て
失踪宣告をうけるためには、
管轄の家庭裁判所に失踪宣告の申立てをしなければなりません。
家庭裁判所は、申立てを受けると必要な事実調査を行ったうえ、公示催告という公告手
続を行います。
 公示催告は、家庭裁判所の掲示板に掲示し、官報に掲載します。公示催告期間は、
6ヶ月以上(特別失踪の場合は2ヶ月以上)とされています。こうした手続を経たうえで
失踪宣告されます。これらに要する期間は、約1年かかることになります。

 審判書謄本が送達された日から2週間以内に、審判に対しての不服申立てがなけれ
ば審判は確定します。
    ↓  
確定証明書が交付
    ↓  
家庭裁判所書記官は、遅滞なく、その旨を公告し、
かつ、不在者の本籍地の戸籍事務管掌者(市町村)にその旨を通知。

失踪宣告が確定すると、不在者は失踪期間満了のときに死亡したとみなされ、
審判確定の日から10日以内に市区町村役場(本人の本籍地又は届出人の住所地)へ
失踪届 を出さなければなりません。
  
◇申立人
利害関係人(不在者の配偶者,相続人にあたる者,財産管理人,受遺者など失踪宣告を求めるについての法律上の利害関係を有する者)


◇申立先
不在者の従来の住所地の家庭裁判所

 

◇申立てに必要な費用
• 収入印紙800円分
• 連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。なお,各裁判所のウェブサイトの「裁判手続を利用する方へ」中に掲載されている場合もあります。)
• 官報公告料4179円(失踪に関する届出の催告2650円及び失踪宣告1529円の合計額。裁判所の指示があってから納めてください。)


◇申立てに必要な書類
(1) 申立書
(2) 標準的な申立添付書類
 • 不在者の戸籍謄本(全部事項証明書)
 • 不在者の戸籍附票
 • 失踪を証する資料
 • 申立人の利害関係を証する資料(親族関係であれば戸籍謄本(全部事項証明書))
 ※ 審理のために必要な場合は,別途追加書類が必要になる事があります。


◇ 失踪宣告の効果発生時期  
普通失踪の場合 期間満了時に死亡したとみなされる。
特別失踪の場合  ※失踪宣告の審判が確定した日ではない。
危難が去った時に死亡したとみなされる。

失踪者は死亡したとみなされますので、失踪者について相続が開始し、婚姻は解消し、死亡保険金の受取り等死亡した場合と同じ取扱を受けることになります。

  • 無料相談 受付中 営業時間:9:00~17:30
休日相談要相談

●受付時間 9:00-19:00
●電話番号 03―3889―1067
●所在地:足立区本木南町3―15

Contents Menu

事務所所在地

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図

東京都足立区本木南町3-15