運送業許可、各種許認可、会社設立の申請なら山田行政書士事務所

HOME > 会社設立のポイント > 資本金の金額はいくらが妥当か

資本金の金額はいくらが妥当か?

資本金が1円でも会社は設立できますが、設立直後は備品などの購入をはじめとして出費が多く、あまりに低い金額を設定することは現実的ではありません
資本金がなくなれば、たとえ社長個人がお金を出したとしても、経理上は借入金という形になってしまうのです。

売上が上がるまでの運転資金なども考えた上で、当面いくらぐらい必要かを判断し、資本金を決めましょう。

また、資本金は、会社が融資を受ける際の判断材料になることも多いですし、許認可によっては許可を取得するために、ある程度の金額があったほうが、申請が簡単になる場合もあります。

例えば、建設業許可を申請する場合、資本金が500万円以上であれば特別に書類を用意する必要はありません。
ですが、資本金がその金額に満たない場合、500万円以上の資金があることを証明するために残高証明書が必要になります。

人材派遣業であれば、1,000万円、有料職業紹介であれば500万円以上の資本金がオススメです。

会社が行おうとしている事業と資本金の関係についても事前に調べておくと、その後の手続もスムーズに進めることができます。

各種許認可についての無料相談・お問い合わせはこちらから

mmuryo.PNG

ootoi.PNG

会社設立TOPへ