運送業許可、各種許認可、会社設立の申請なら山田行政書士事務所

HOME > 所員ブログ > 2012年4月

所員ブログ

<劇場型詐欺>詐欺グループののれん分けが被害を拡大

2012/04/13

本日のニュースに掲載がありました。
高齢者等を狙った詐欺に関する事項です。
詐欺グループが、多様な役割を演じて作り話を信じさせ、出資金を詐取する「劇場型詐欺」の被害が全国で急増している。大阪府警が昨年9月以降に摘発した水源地の権利などを巡る事件では、約40人が逮捕された。
グループの関係者によると、「組織的で大規模な詐欺グループが全国に四つ。」と明かしているという。
グループの元締からのれん分けされた詐欺集団が全国に広がり、被害拡大をもたらしているとみられる
 府警と青森、奈良県警などの合同捜査本部は昨年9月以降、北海道の水源地や福岡県の金山開発への投資を巡る詐欺事件で、東京都の水販売会社「大雪山」の幹部や従業員ら約40人を逮捕した。被害総額は10億円を超えるという。捜査関係者によると、パンフレットを郵送するなどしたうえで、「パンフレットが届いていないか」「東日本大震災で水不足なので水源地の価値が高まる。数倍で買い取る」などと、メンバーが別々の第三者を演じて被害者を信じ込ませた。

 警察庁によると、同種事件は昨年、全国で計35件が摘発され、被害総額は約590億円に上った。また、国民生活センターなどによると、08年ごろから急激に広まったという。投資先は未公開株や社債などの金融商品など多彩だ。被害に遭うのは高齢者が大半で、同じ人が何度もだまされるケースも多いという。大雪山グループの被害に遭った兵庫県尼崎市の無職の女性(70)は、老後の蓄えとして貯金していた数千万円を計約20社の詐欺会社にだまし取られた。

 被害が多数発生する背景について、大雪山グループの関係者は「大規模なグループからのれん分けされた詐欺集団は、被害に遭いやすい高齢者らの情報が記載されたリストを初めから持っている」と明かす。「未公開株経験者」「投資経験者」など、被害者の過去の出資情報などが記載されているリストもある。

 

適格機関投資家等特例業務の依頼者様と打ち合わせ

2012/04/12

本日、秋葉原にて、適格機関投資家等特例業務届出者様と打ち合わせをしてきました。
法改正に伴う、届出事項の確認等に関してでした。
その法人には、顧問として契約頂いておりますので、比較的状況把握できており、スムーズに運びました。

それにしても、秋葉原は非常に活気があり様々な刺激を受ける街だな~と
感心してしまいました。

さて、平成24年4月1日より、金融商品取引法等の
適格機関投資家等特例業務に関する一部改正がありました。
届出者の皆様には既に通知がいっていると思いますが、
法改正に伴い、届出記載事項の追加等があります。

・届出者の登記事項証明書の追加  個人の場合は住民票
・組成ファンドの名称
・一口絡む適格機関投資家の名称

三か月以内(経過措置期間)に届出の必要がありますので皆様お早めに!!

適格機関投資家等特例業務に関するお問い合わせは
東京都足立区の山田博和行政書士事務所

風速 41.9メートル!!

2012/04/03

凄い 風ですね。
急速に発達した低気圧の影響で、台風並みの暴風雨や大しけです。
気象庁も不要不急の外出の自粛など厳重な警戒を呼び掛けています。
和歌山市では3日午後1時すぎ、最大瞬間風速41.9メートルを観測。西日本から北日本の各地で同30メートル以上の暴風。

そんな中、足立区の建設業者様に建設業の許認可関係で、色々とコンサルティングをしてきました。
打ち合わせ中、時折、突風が凄い音を立てていました。
自然の力はすごい。
 

 

1