運送業許可、各種許認可、会社設立の申請なら山田行政書士事務所

HOME > 所員ブログ > 2012年3月

所員ブログ

新たな詐欺・・・・

2012/03/26

新しく出回っている「スマートフォン」
ただ、未だに未知の部分が多いだけに、騙しの対象になっているようです。

~ 記 事 ~

「無料と思い込んでアダルトサイトにアクセスしたら料金請求画面が消えない」「個人情報が抜き取られ、事業者から電話やメールで請求がくる」などスマートフォンを狙った架空請求が急増していることが、東京都の生活文化局の調べで分かった。

都内にある消費生活センターに寄せられた相談件数は、2010年度の下半期は10件だったのに対し、2011年度の上半期には139件に。

 相談事例として「スマートフォンのバナー広告からアダルトサイトにアクセスした。動画を見るためのアプリをダウンロードしたら料金請求画面が消えなくなった。その直後、サイト業者から電話があり料金4万5000円を請求された。料金についての確認画面はなく、有料とは気付かなかった」(20歳代男性)、「無料と思ってスマートフォンでアダルトサイトの動画を見るためのアプリをダウンロードしたら、9万9800円の料金請求画面が消えなくなった。有料を確認できる画面はなかった。その後、事業者から料金請求のメールが届いた。電話番号も知られたようだ」(50歳代男性)など、料金請求の電話や請求メールが届いたケースがあった。

 こうした架空請求が増えていることに対し、生活文化局は「料金請求画面を残し、電話やメールなどで執ように請求することにより、利用者を心理的に追い込もうとする手口が目立つ。事業者とは連絡をとらずに無視すべき。また請求などに対しては、必要に応じて電話の受信・着信拒否機能の利用、メールアドレスを変更すべきだ」とした。

今までと形式は変わりませんが、対象が「スマートフォン」と言う事で、被害が出ているようです。
注意が必要ですね!


結婚相談所に業務停止命令

2012/03/22

事実でないことを伝えるなどして不適切な営業をしたとして、埼玉県は21日、川越市の結婚相談所「ジェーティーコーポレーション」(水野谷孝次代表取締役)に特定商取引法に基づき6カ月の業務停止命令を下した。県が結婚相談所に行政処分を下すのは初めて。近年、子供の結婚相手探しに親が乗り出す「代理婚活」をめぐる相談が増えており、県は注意を呼びかけている。

 県によると、同社は昨年6~11月、県内の60~70代の3組の親に対し、子供の結婚相手紹介について「成婚者数が日本一」と事実でないことを伝えたり、契約の意思を示すまで必要金額を伝えないなどの違反行為があったとしている。

 県には同社に関する相談が平成15年ごろから計58件寄せられていた。処分によって同社は9月21日まで新規契約ができない。

 県消費生活支援センターによると、平成23年度(今月12日現在)にあった結婚相談所に関する相談は107件。21年度以降は減少傾向にあるが、高齢の親が未婚の子供を心配して契約し、トラブルになるケースが21年度19件、22年度10件、23年度18件と1割前後を占め、近年際だっているという。

 担当者は「晩婚化を背景に代理婚活をめぐるトラブルが増えている。必ず結婚する当事者の意思を確認してほしい」と話している。

 ジェーティーコーポレーションは「異論もあるが改善すべき点は応じている。親の悩みには応えたいが、積極的に代理婚活を勧めてはいない」としている。

非常に興味深いニュースですね。

 

一般貨物自動車運送事業の許可書

2012/03/02

先日、一般貨物自動車運送事業の許可書が届きました。

通常の許可書と同じですが・・・・

今回は 「限定」 霊きゅう の 許可です。

通常の許可書はたくさん見ておりますが、 霊きゅうも 一般「貨物」なんですね・・・・・・。

 

当たり前ですが、人間・・・死・・・・を考えさせられます。

とにかく、無事に 「限定」 霊きゅう の 許可がおりて良かったですね!!!

大きな声でのお礼のお電話ありがとうございます!!!!
社長のパワフルな経営を期待しています!(*^_^*)

1