運送業許可、各種許認可、会社設立の申請なら山田行政書士事務所

所員ブログ

持続化給付金

2020/05/01

持続化給付金とは

コロナウイルスの感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金です。返済の必要はありません。

農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方が対象となります。

事業者自身で、証明書類等を揃えて申請が可能です。

持続化給付金申請をご自身で行うのは不安な方はコチラ

持続化給付金でもらえる金額は?

法人200万円上限。

個人事業100万円上限。

給付額は、法人:200万円、個人事業者等:100万円
ただし、前年からの売上の減少分(計算式は以下のとおり)を超えないものとする。
■減少分=(前年の総売上(事業収入))-(前年同月比▲50%月の売上×12か月)
※上記を基本としつつ、昨年創業した方などに合った対応も引き続き検討しています。
※2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少したひと月について、事業者の方が選択します。

持続化給付金の申請方法

持続化給付金は2020年5月1日から申請が可能です。

=(持続化給付金申請の流れ)=
持続化給付金の申請手順
持続化給付金ホームページへアクセス!

「持続化給付金」と 検索

https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html

※令和2年度補正予算成立の翌日(2020年5月1日)に開設予定!
申請ボタンを押して、メールアドレスなどを入力して仮登録をします。

↓↓

その後、 入力したメールアドレスに、メールが届いていることを確認して、 そのメールに記載されているアドレスにアクセスし、[本登録]をします。

↓↓
ID・パスワードを入力すると[マイページ]が作成されます

● 基本情報 ● 売上額 ● 口座情報 を入力

PC上にて必要書類を添付

2019年の確定申告書類の控え 

売上減少となった月の売上台帳等の写し ※スマホなどの写真画像でもOK(できるだけきれいに撮ってください!)

申請
持続化給付金事務局で、申請内容を確認 ※申請に不備があった場合は、メールとマイページへの通知で連絡が入ります。
通常2週間程度で、給付通知書を発送/ご登録の口座に入金


基本情報の入力
●対象月の属する事業年度の直前の 事業年度の年間事業収入 (2019年度か2018年度の金額)

●決算月(1月~12月)

●対象月の月間事業収入 (2020年の売上減少月の金額)

●直前の事業年度の対象月の月間事業収入 →【申請金額】(=給付額)は自動計算されます
①対象月の属する事業年度の直前の事業 年度(原則2019年度)の 確定申告書別表一の控え(1枚)、及び 法人事業概況説明書の控え(2枚) ※確定申告書別表一の控えには収受日付印が押されて いること ②対象月の月間事業収入がわかるもの (2020年〇月と明確に記載されている) ※売上台帳、帳面その他の対象月の属する事業年度 の確定申告の基礎となる書類を原則とする
●金融機関名 ●金融機関コード ●支店名 ●支店コード ●種別(普通・当座) ●口座番号 ●口座名義人

 

持続化給付金申請の問い合わせはコチラ

  • 無料相談 受付中 営業時間:9:00~19:00
休日相談要相談

●受付時間 9:00-19:00
●電話番号 03―3889―1067
●所在地:足立区本木南町3―15

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Category

Archive

事務所所在地

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図

東京都足立区本木南町3-15